1250年の歴史をもつ世界遺産 春日大社

萬葉集ゆかりの300種類の花々 萬葉植物園

萬葉植物園

 昭和7年に開園された日本で一番古い萬葉植物園で、約30000㎡(9000坪)の大きさの園内は、萬葉園・五穀の里・椿園・藤の里に分けられています。

 春日大社の社紋である藤が多く、20品種・200本近い藤が彩る園内を巡り、中央の水辺で「臥龍のイチイガシ」を眺めるのも風情があっていいですね。

 池にある浮き舞台では5月と11月に萬葉雅楽会が行われ、子供たちが舞を披露したり、大人たちも管絃を披露する行事が行われます。

3000を越える燈籠 藤浪之屋

春日大社 藤浪之屋

 本殿のすぐ近くにあり、江戸時代は神職の方々の詰め所になっていた「藤浪之屋」では、平安時代から現在までに奉納3000を越える燈籠が納められています。

 春日大社で見たいイベントNo.1である「万燈籠」の雰囲気をいつでも味わうことが出来る空間で厳かな雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか?

国宝と樹齢1000年の大杉 春日大社巡り

春日大社 大杉と内侍殿

 春日大社内は歴史を感じさせる名所の宝庫で、3000点の国宝や重要文化財が展示される「国宝殿」、本殿を囲む回廊に1000近い釣燈籠が並ぶ「南門」、南門の近くにある藤の名所「砂ずりの藤」、直会殿の屋根に穴を開けている「社頭の大杉」といった様に、他では見れない光景をたくさん見る事が出来るのはさすがとしか言いようがありませんね。

 4人の神様をまつる本殿は、神様の数に合わせて4つの社が並び、国宝にも指定されています。

アクセス

・電車 近鉄奈良線 奈良駅から徒歩25分

・バス 奈良交通バス 春日大社本殿行 春日大社本殿停留所からすぐ

・駐車場 100台収納 

 駐車料金 車1000円 バイク300円

・拝観料 国宝殿 一般500円 大・高校生300円 小・中学生200円

     萬葉植物園 大人500円 子供250円

・バリアフリートイレ 有

 ※スロープなどは無く、車椅子での参拝は困難です