竹田城跡

雲の海に浮かぶ天空の城 竹田城

昼の竹田城

 昼と夜の気温差が大きいときに発生する雲海ですが、竹田城跡では9月から11月に発生しやすく、明け方から午前8時頃が見頃になっています。いろいろな写真で見られるような、「雲海に映える竹田城跡」を見るのであれば、明るくなってくる7時前頃から立雲峡で見るのがオススメです♪

 では竹田城の基本情報ですが、古城山山頂に築かれた山城で古城山の山全体が虎が伏せているように見える事からも「虎臥城(こがじょう)」とも呼ばれています。完存する石垣機構として全国屈指の規模を誇り、「日本100名城」「恋人の聖地」としても認定されています。

アクセス

・車 北近畿豊岡自動車道・播但連絡自動車道「和田山IC」下車→和田山IC前信号を左折して、約10分ほどで駐車場

・電車 JR播但線 竹田駅からバスorタクシー(天空バスにて、中腹第2駐車場まで運行)

・観覧料 高校生以上 500円

・障がい者手帳をお持ちの方 無料(介助者1名まで同額)

※城内は車椅子での訪問は大変困難です

※冬場は路面凍結や積雪の可能性があるため、早朝参拝は11月末までしか出来ませんので、ご注意ください

竹田城跡を見る最高の場所 立雲峡

立雲峡からの竹田城跡

 「そうだ、雲海を見に行こう」

 そう考えたときに、一番最初に候補に挙がるのが竹田城って方は多いと思います。真っ白な雲の海に浮かぶ竹田城、秋の山を彩る紅葉と青空は遠出をしてでも見に行く価値ありの絶景です!

 第1から第3展望台まであり駐車場から展望台までは5分から30分ほどで行けるので、移動時間も考えて観に行くのがベストです♪

アクセス

・車 北近畿豊岡自動車道・播但連絡自動車道「和田山IC」下車→竹田交差点を左折後、右手に駐車場入り口看板あり

・料金 大人200円(高校生以下、地域住民は無料)